ふりがな

取り組み紹介ACTIVITIES

玉川小中学校小学部の児童14人がスケートボード体験教室(オリパラ教育)に参加しました!

2020.11.30

今年度初となるスケートボード体験教室に、玉川小中学校小学部児童14人が参加しました。東静岡アート&スポーツ/広場で行われ、講師はスタッフの原悠真さんです。

ヘルメットやプロテクター、用具の置き方等、安全に、安心して体験ができるような様々な配慮がなされた上で体験教室がスタートしました。

乗ることだけでも難しいスケートボード。最初は失敗していた子どもたちも徐々に慣れ、スモールステップでていねいな指導を通して、体験教室の最後には自分で進み、ブレーキをかけて止まることまでできるようになりました。

体験した子どもたちからは

「初めてだったけど楽しかった!もっとやってみたい!」

「怖かった気持ちが楽しい気持ちに変わっていった!」

「ちゃんとしたやり方を知ることでできることが増えていった!」

といった感想が述べられました。

講師の原さんからは、

「楽しいことが1番!技が失敗しても、楽しめれば「成功した」と言える!」

「スケートボードの難しさを知ったからこそ、オリンピックを見るときにスケートボード選手の「すごさ」や積み重ねてきた「努力」をこれまで以上に理解できるようになる。」

というお言葉をいただきました。

スポーツは「する」だけでなく「見る」ことでも楽しむことができます。子どもたちにはこれからも、様々なスポーツを体験するとともに、様々な楽しみ方を知ってほしいと思います。