ふりがな

取り組み紹介ACTIVITIES

長田西小学校の6年生130人が7人制ラグビー体験教室(オリパラ教育)に参加しました!

2020.12.17

今年度初となる7人制ラグビー体験教室に、長田西小学校の6年生130人が参加しました。講師は静岡県唯一の女子7人制ラグビーチームのAZALEA SEVEN(アゼレア・セブン)所属の横山里菜子(よこやまりなこ)選手、草野可凜(くさのかりん)選手、冨樫香子(とがしかおるこ)選手、そしてアザレア・スポーツクラブの堀切輝一(ほりきりてるかず)さんです。

体験教室では、パス練習、キック練習、そして攻めと守りに分かれてのトライ練習が行われました。パス練習では、1分間のパスチャレンジ後、「象の鼻のように腕を振る」「キャッチはハンバーガーを食べるときの手の形」など、子どもたちにわかりやすい具体的なこつを教えていただきました。こつ習得後に再度パスチャレンジをすると、ほとんどのチームが記録を大きく伸ばすことができました。

冨樫選手の講話では、小学生の頃からラグビー選手になるまでのエピソードを通して、大切にしている3つのことを話していただきました。それは「自分の好きなことを大事にする」「自分の強みを出すために、自分を知る」「周りの人に支えられていることに感謝をする」の3つです。

だれかに言われたからやる。周りがやっているからやる。そのように過ごすのではなく、自分の意志を大切にし、自分のやりたいこと、自分が好きなことを大切にしてほしい!そんな熱いメッセージをいただきました。

「7人制ラグビー」のことだけでなく、これからの生き方についても多くを学べた教室となりました。