ふりがな

心のバリアをとりのぞこう!
障がいのある人へのQ&AどうしてQ&Aを行うの?

知的・発達障がいの方への質問

静岡市立中藁科小学校 小学5年

コミュニケーションをどのようにとっていますか?

知的・発達障がいの方からの回答

勉強を一緒にする。(11歳)

 

小さい頃は1語文、今は2語文、3語文で話しています。(17歳)

 

会話をたくさんします。(35歳)

 

単語のなかからいくつか選ぶ。(29歳)

 

簡単なジェスチャー、実物や絵、写真などの指さしによって要求を伝えます。言葉の理解は少しあります。(25歳)

 

言葉を話すことはできませんが、日常的に使う言葉の理解はできています。毎日の生活の中で、こちらの発する言葉と、表情や手、身体を使ったジェスチャーが一致してだんだんとお互いの言いたいことが理解できるようになっています。(20歳)

 

短い言葉でやり取りします。長い文章で言うとわからないので単語か2語文くらいです。何を言ってるのか聞き取れない時は紙に書いてやり取りすることもあります。(25歳)

 

難しいことは無理ですが、こちらの言うことはだいたい理解できます。言葉を話すことはできませんが、ジェスチャーや指さし、絵カード等でコミュニケーションをとります(19歳)。

 

会話ができます。携帯メールでのやりとりもできます。離れて暮らす祖父にお手紙も書きます。(26歳)

 

自分からはあまり話したがらないのですが、話しかけてきたときは根気よく話を聞きます。

何を話しているかわからない時は「こういうこと?」と質問します。会社で働くときは何度でも理解できるまで聞いています。(34歳)

 

~質問をしてくださった小学生の皆さんへ~
たくさんの質問を寄せて下さりありがとうございました。知的障がいのある人たちも皆さんと同じようにアイドルやお菓子や絵本が好きです。「同じだ!」と思ってくれた人も多いのではないでしょうか?そして何より「人が好き!」っていう人が多いです。会話がうまくできなくても相手の言っていることはわかります。お話が出来ないからと、ばかにされたり意地悪なことをされたりすると敏感に感じて悲しい気持ちになったりします。短い文章でお話したり、絵や写真で示したり具体的なものを使ってお話してくれるとわかりやすいです。そして何より皆さんが、「障がいのある人たちと仲良くしたいな。」と思ってくれるだけでうれしいです。積極的に声をかけてくれるともっとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。
(質問に答えてくださったからのメッセージ)

 

一覧に戻る